ひだまり通信・展覧会 - 萩ヶ丘小、「動物とこどもたちの世界」

 ときがわホースケアガーデンで行われた先月の動物写生授業で、スケッチした作品が完成してきたお話をうかがい、萩ヶ丘小学校をお訪ねして見せていただきました。

 みんなで楽しそうに動物たちと遊んでいる絵を、牧場で働いている人たちや、動物が好きな多くの方に見ていただきたいと思い、校長先生にお願いして、この「ひだまり通信」の上で展覧会をさせていただくことになりました


★この日は「おおきなかぶ」の劇の練習中でした。おじいさん、おばあさん、孫娘、犬、猫、ねずみ、みんなで大きなかぶをぬきました。そのあとに絵を見せていただきました。

 

 こちらは1.2年生の絵です。牧場全体の雰囲気や、生き物のエネルギー、馬が首をのばして草を食べる様子など、動物の動きの特徴を見る視点がそれぞれに違い、よく見てとらえていて感心しました。みんないきいきとして楽しそうですね。

 


★こちらは3年生の絵です。明るいきれいな色と牧歌的な風景の絵本のページをめくっているような、やさしい気持ちになってきます。ときがわの山々に抱かれた景色の中で、こどもたちも動物たちも幸せそう。夢の世界が広がります。



番外編

☆こちらは学校内にあった、先生たちの作品の一部です。

☆地元の木材をふんだんに使った、明るく気持ちのいい素敵な校舎です。小さい時からこんなにたくさんの木に触れながら勉強できるって、しあわせですね。

(昭和11年に建てられた2階建ての木造校舎は現在、耐震補強工事中で、その内部の写真は撮ることができませんでしたが、昔なつかしい美しい建物なので完成したらまた紹介させてください。)

萩ヶ丘小学校のみなさん、ありがとうございました。 

全校生徒数44人、歴史ある木造校舎、緑豊かな環境の中で、地域の人たちや先生方に見守られて、一人一人のびのびと育っている萩ヶ丘小学校のこどもたち…。

また牧場に遊びにきてくださいね。